新婚生活時代からの家計簿変遷

簡単家計簿-節約家計暮らしのガイドブック

新婚ホヤホヤ結婚当初の家計簿

私は、結婚してすぐには、若かったので、お小遣い感覚で家計のやりくりをしていました。

なにをどうしていいのかわからなかったので、とりあえず、決まって出ていくお金(固定支出)と、引き落としで、銀行などに預け入れをするお金と、自分である程度自由になるお金(やりくり費)を袋にわけて管理していました。袋分け家計ですね。

とにかくお金の無いことに危機感を覚えたのではじめました。
それを袋で管理しながら、家計簿は、日計のタイプのものをつけていました。
残りのお金が家庭内でいくらあるのか、常に把握したい場合は、毎日集計するタイプがおすすめですが。。。。。

ちょっと挫折期・・・子育てに追われ

しばらくして子供が生まれ、忙しい時期には、ちょっとばかりサボってしまいましたが、毎月の支出は大体把握していました。

毎月細かく記帳する事はなかったけれど、以前身につけた袋わけの感覚が残っているので、安心して、お金を管理できた気がします。

ただ、細かい数字がわからないと、節約に張り合いが出ないものです。
この時期は、なかなかお金が貯まりませんでした。

 

パソコン家計簿デビュー

そもそも私がパソコンを始めたのは、会社で使っていたからとか、家にあったので何気なく・・・ということではありません。

いまでこそ、スマホで家計簿つけるとかもある時代ですが、そのころはパソコンも各家庭に当たり前にあるわけではなかった時代。ある時、パソコン主婦の友という雑誌を立ち読みしてて、パソコンってすごい!って感じで、衝撃をうけてしまい(^^;、付録についていたパソコン家計簿がどぉーーしてもやってみたくて、やってみたくて・・・

とりあえず、その雑誌をパソコンが無いにもかかわらず購入しました(笑)
それで、翌日から、ダンナにおねだりする事、3ヶ月・・・・
やっとの思いで、パソコンを購入し、念願のパソコン家計簿をつけ始めました!

そうです、パソコン家計簿が付けたくて、パソコン主婦の友の為にパソコン買っちゃったわけです(^^;。ファイルやフォルダって何?ってところから始まった、パソコン超初心者の主婦でも出来るんだから、すごいですよね。(笑)

その後は、市販のパソコン家計簿ソフトもやってみました。

Excelでオリジナル家計簿
エクセルでオリジナルの家計簿作成

 

行き着く先は、オリジナルのExcel家計簿

だんだんパソコンの使い方も慣れてきて、結局最終的には、Excel(エクセル)でオリジナル家計簿を作り、現在はそれも併用して使っています。

光熱費などは、結婚した月からの料金表をパソコンでずっと管理しています。

それも、10年を超えました。

途中、なんども、家計簿はつけられなくなった時期があるんですけど、この光熱費表だけは、ずーっと続けていました。

とにかく、手書きがやりやすい部分もある。そんなこんなで、エクセルでオリジナルを作り印刷してノートに貼る。光熱費などはExcelで自動計算してくれるオリジナルを作ると書きやすいですよ。

自分の家庭に合った費目があるのがやはり便利なので、慣れている人は、家計簿づくりから始めると、いいですね。

関連記事