節約するなら家計簿(現金収支帳)をつけよう

簡単家計簿-節約家計暮らしのガイドブック

節約家計簿をつけよう

家計簿ってそんなに大切?って思うかもしれませんが、節約してお金を貯めたいなら、かなりの重要事項だと思います。家計簿というと、なんだかすごく構えてしまいますが、まずは、お小遣い帳程度の簡単な支出の書き出しだけでも大丈夫です。あ、、、でも今、「めんどくさいから嫌だぁ~」って、思ったあなたもだまされたと思って、1ヶ月だけでいいですから、つけてみてください。きっと、効果があらわれて、『家計簿ってすごい!!』って、実感するはずです。

なんでかって?それは・・・家計簿をつけると自然とお金を使いたくなくなるという、単純なこともその一つの理由なんですよね。なんと単純な事なんだって笑えるかもしれないけど、少なくとも、私はそうでした。残りのお金が見えていると、『今日はお金を使わなかった!』なんてちょっと喜んでみたり、『これを買うなら、来月にまわそう。そしたら、今月はいくらあまらす事ができるかも?』なぁーんて、思っていると、家計簿マジックにハマっていって、いつの間にか買わない習慣が身についてくるんです。結局は、来月買おうとあの時後回しにしたものも、今はそれほど欲しくなくなっていたりして、結局買わずに済んでみたり・・・・

ホント、魔法のようだなって、私は思います。ですから、どんな形でもいいですから、家計簿をつけてみましょう。そして、1ヶ月だけは、なんとかせっせと続けてみましょう。

どうしても面倒な人は、レシートをノートに貼るだけでも、習慣をつくりましょう!そして、何をいくらで買ったのか、家計の残金はいくらなのかだけでも、その都度、把握しておきましょう。

3日坊主で挫折しない為に・・・

3日間くらいは書いたけど、そのあと、2.3日書かなかったらわかんなくなっちゃった~・・・そんな形で挫折している人は少なくないと思います。でも、その人たちも、別にやめたくてやめたのではなく、単に、忙しかったり、疲れていたりで、書けなかったけど、そしたらわかんなくなってもう、イヤになっちゃった・・・っていう、結末を迎えているんだと思います。

3日坊主にならないためには、あまりキッチリしすぎないことです。

ただし、レシートは必ずもらって、とっておく習慣を身に付ける。これだけでずいぶん違うものです。
そうすれば、レシートを見ながら、ある程度はさかのぼれますからね。あとで集計して、何に使ったかわかんないお金が発生した場合には、その金額を適当に、引いてみて!今の時点で収支があえば、その後からまたちゃんとつけていけばいいんです。きっちりやりすぎては、ストレスがたまり、合わないのをきっかけに嫌になります。

気づいたときに、収支を合わせる。使途不明金でも、慣れるまでは、いいんだと思います。あまりおすすめできる方法ではないでしょうが、3日坊主にならずに、今まで続かなかった人も、1ヶ月継続できるかもしれません。

1ヶ月たてば、自分の家庭がどれだけお金を使っているのかが、しっかり見えてきますから、費目別に無駄なものをチェックすることができます。

本来、それこそが家計簿をつける大きな目的なので、そこが達成すれば、途中がどうであれ、いいんです!ですから、3日坊主にならないためにも、少しお気楽に、はじめましょう!

関連記事