失敗しない手作り餃子ギョーザ♪やっぱおいしい

おいしい手作り餃子

これだけ世の中ギョーザ餃子ぎょうざ♪って騒いでいると、むちゃくちゃ食べたくなるのは、、、わたしだけ?

いやいや、うちの家族みんなが言い出した。。。

餃子のタネ材料はこんな感じ。


あ、、そうそう、うちは、キャベツを入れると甘くなるので、
我が家の餃子は、野菜はニラのみ♪

だから、ザクザク切るだけだし簡単簡単。。。
そもそも、キャベツのみじん切りするのが面倒ですし。(-_-;)
フードプロセッサー使っても片づけるのも大変ですし。(笑)

だから、これだけよ。 
いつも入れてるモノやアレンジは続き以降の下の方に書いてるので
参考にしてくださいませ。

でも、、、失敗ですっっ(-_-; 忘れてしまった・・・・

パン粉 買っておくの・・・・

え!? パン粉 ?

って、思うかもしれませんが、パン粉を入れると、例のごとくカサ増し効果が絶大なだけでなく、とっても柔らかいおいしい餃子になるんですよ。1カップ分くらいのパン粉と全卵を1個加えて作るのがあたし流。。。

ちなみに、カサ増しシリーズその2は、お豆腐。これは、カロリーも控え目で味はさっぱりするし、パクパクいけちゃいます。

豆腐1丁を水切りしてから加えればOK(^^*)でも今日はパン粉がなかったので、とりあえずこれらだけでコネコネ。

粘りが出るくらいよく混ぜます。ちなみに、餃子の皮って、裏と表あるんです。知ってますか?

実は、あれ、たいていの皮は、粉が多く付いている方と少なめの方があるんですよね。粉が少ない方に具を包む。。。そうすれば、外側に付いた片栗粉で、なんとなく餃子の羽ができてパリッと仕上がります。

上手に焼けるポイントは、、、

油をしいたフライパンを強火にかけ、すぐに餃子を並べます。
うちは、28センチくらいのフライパンで、20個~24個くらい
いっぺんに焼きます。(^^ゞ

ぬるま湯を餃子の中身が入っている部分の半分がつかるくらい入れ、
ふたをして蒸し焼きに・・・

音がグツグツからパチパチに変わってきたら、お水が少なくなった証拠。
そうなればもう火は通っているので、ふたを取って完全に水気を飛ばします。

最後にごま油をさっとかけて出来上がり。

関連記事